【イベント報告】 第2回企画展 ある郷土史家の見たふるさと高津「明治維新期における溝ノ口の生・老・死 ―医療と衛生―」終了しました

第2回企画展 ある郷土史家の見たふるさと高津「明治維新期における溝ノ口の生・老・死 ―医療と衛生―」 終了しました

・開催期間  平成29年6月24日(土)~7月30日(日)

・来館者  1188名

◇内容 
 地元郷土史家、上田恒三氏が収集した文書は、幕末から昭和まで400点にのぼる。今年はその中から明治維新期から明治初期における医療と衛生に視点を当て、古文書28点を精選し、溝ノ口周辺ではどのように人々が疫病等から命を守り、健康を維持していったかを解説を加えて展示しました。
 アンケートには、「溝ノ口が医療の中心であったことを知りました。立派な人々が人のために尽くしておられたのが分かりました。」などの感想が見られました。

        館内の展示室に並べられた古文書と、展示を見る来館者の様子
              企画展の様子            

講演会「オランダ医学で結ばれた太田東海と手塚良仙~漫画家 手塚治虫のルーツを たずねて~」  終了しました 
     
  ・参加者数 47名
  ・開催日時 7月16日(日) 午前10~12時   
  ・講師  深瀬泰旦 氏(小児科医・日本医史学会名誉会員)

          記念講演会で講演をする深瀬氏の様子                
 明治維新期当時の日本全体の医療状況や溝ノ口における太田東海が天然痘にどのように関わり、溝ノ口周辺の人々に牛痘を摂取し、人々を救ったかについて資料を基にわかりやすく解説していただきました。また、漫画家手塚治虫氏の先祖手塚良仙と太田東海が血縁関係にあり、深瀬氏の資料提供により漫画「陽だまりの樹」(手塚治虫著)が生まれたというお話がありました。
 

 

 

サイト内検索

 ENGLISH LEAFLET
 Oyama Kaido Timeline

〒213-0001
川崎市高津区溝口3-13-3
電話:044-813-4705
FAX:044-814-0250
Eメール:こちらから

開館時間
午前9時30分から午後9時30分
常設展示:午前10時から午後5時
休館日
年末年始
交通機関ご案内
JR南武線
武蔵溝ノ口駅:徒歩7分
東急田園都市線/大井町線
溝の口駅:徒歩7分
東急田園都市線
高津駅下車:徒歩5分
リンク
公益財団法人川崎市生涯学習財団
川崎市ホームページ
大山街道活性化推進協議会(川崎市高津区役所)
川崎市公共施設利用予約システム「ふれあいネット」
川崎国道事務所
伊勢原市観光協会
大山先導師会旅館組合
大山阿夫利神社