• 大山街道ふるさと館入口
    大山街道ふるさと館入口
  • 展示室
    展示室
  • スロープ
    スロープ
  • 談話室(みちまちラウンジ)
    談話室(みちまちラウンジ)
  • 子ども探検クラブ
    子ども探検クラブ
  • 街道学習
    街道学習
  • ふるさと発見講座
    ふるさと発見講座
  • 街道学習講座
    街道学習講座
  • 円筒分水
    円筒分水
  • 岡本かの子文学碑
    岡本かの子文学碑
  • 納め大刀
    納め大刀
  • 国木田独歩碑
    国木田独歩碑

大山街道ふるさと館について

大山街道ふるさと館は、大山街道の歴史・民俗・自然に関する貴重な歴史資料などの保存、展示をすることを目的として設置された施設です。

館内には、市民の皆さんの会議・交流の場としてご利用いただける会議室、和室、イベントホールの貸出も行っています(予約は 川崎市公共施設利用予約システム「ふれあいネット」からお願いします)。

どうぞ、お気軽にお立ち寄りご見学ください。

大山街道(大山道)について

江戸赤坂御門を起点として、雨乞いで有名な大山阿夫利神社(神奈川県伊勢原市)までの道です。

東海道と甲州街道の間を江戸へ向かう脇往還(五街道など本街道以外の支街道で、休泊機能の備わった道)として、「厚木街道」、「矢倉沢往還」等とも呼ばれてきました。
寛文九年(1669年)には、溝口村・二子村が矢倉沢往還の宿として定められています。
江戸時代中期には、庶民のブームとなった「大山詣り」の道として盛んに利用されるようになり、この頃から「大山道」「大山街道」として有名になりました。
江戸時代後期には、駿河の茶、真綿、伊豆の椎茸、乾魚、秦野地方のたばこ等の物資を江戸に運ぶ大切な輸送路として利用され、これらを商う商人達で大変栄えました。

このように、大山街道は、多くの人々や物資が往来し、文化や情報が行き交い、様々な交流が生み出されてきた歴史ある街道です。

サイト内検索

 ENGLISH LEAFLET
 Oyama Kaido Timeline

〒213-0001
川崎市高津区溝口3-13-3
電話:044-813-4705
FAX:044-814-0250
Eメール:こちらから

開館時間
午前9時30分から午後9時30分
常設展示:午前10時から午後5時
休館日
年末年始
交通機関ご案内
JR南武線
武蔵溝ノ口駅:徒歩7分
東急田園都市線/大井町線
溝の口駅:徒歩7分
東急田園都市線
高津駅下車:徒歩5分