年間事業予定(2016年度)

(1)計画の概要
 大山街道は、江戸期の主要道である東海道の脇往還の一つとして庶民の生活を支え、庶民文化発祥の源ともなってきた。その宿場として栄えた二子・溝口にはいまだ往時の面影を残す町並みがあるとともに、この地で育った芸術家や作家の足跡も残されている。そして、近くには先人の知恵と汗の結晶ともいえる二ヶ領用水が流れている。
 大山街道ふるさと館では、この街道や用水に係わる歴史・民俗などの資料や郷土にゆかりある美術・文学作品などの展示を行なう<博物館事業>、市民や子どもたちにさまざまな学習の場や意見交流の場を提供し郷土理解や地域連帯を深める文化・体験講座を行う<歴史文化探究事業>、地域の活性化をめざし主催事業と地域との連携を図る<地域活性化事業>を「歴史をつなぐ 人をつなぐ 大山街道ふるさと館」という基本理念のもとに計画・実行していく。
 本年度は、地域活性化事業として区役所や地域団体と連携した「春のふるさと館まつり」を新たに開催するとともに、ホームページのリニューアルによる情報発信の充実を行う。

(2)計画の具体的内容

ア) 施設提供事業
事業名 実施月日 対 象 内 容
貸館事業 通 年 市民団体他 イベントホール、会議室(第1・第2)、和室など施設・設備・備品等を市民に提供する。
イ) 博物館事業
事業名 実施月日 対 象 内 容
常設展 通 年
(企画展等の開催時期を除く)
市民他 展示室において「大山街道 ふるさとの歴史・民俗・自然展」として、郷土にかかわる資料や郷土にゆかりのある美術・文学作品などの展示を行う。来館者のニーズに応える展示説明ガイドを行う。DVD「魅力いっぱい大山街道~二子・溝口を歩く~」を展示中に放映する。
企画展 市民他 展示室を使い、年3回実施。
・第1回企画展 6月17日(金)~
6月20日(月)
(4日間)
高齢者の“ゆとり・生きがい”を求める生涯学習の一環として高津区老人クラブ連合会会員が制作した絵画、陶芸、書道、編み物などの作品の発表の場「市民参加の作品展」を開催する。
・第2回企画展 6月25日(土)~
7月31日(日)
(37日間)
ある郷土史家の見たふるさと高津~上田恒三氏寄贈史料から~(高津区民祭参加事業)
テーマ「維新動乱期の溝口の当時の様子」
・第2回企画展
 記念講演会
7月17日(日) イベントホールにおいて、元明治大学大学院講師 渡辺賢二氏を講師に「維新動乱期の歴史の流れ」をテーマに講演会を開催する。
・第3回企画展
ふるさと館まつり展(大山街道フェスタ参加事業)
2月25日(土)~3月3日(金)
趣味が創り出す知と美と感動の世界としてふるさと館で活動している文化団体の作品を展示する「地域が創出するカルチャー展」を開催する。
・ミニ企画展
ふるさと発見展
年3回 来館者 館内の掲示板を使ってふるさと高津の歴史を分かりやすい内容で2ヶ月間展示する。
「多摩川氾濫の歴史」4・5月中、 「坂戸・北見方村の歴史」9・10月中、 「上・下作延村の歴史」1・2月中
(ミニ企画展期間以外は個人作品などを展示)
アーカイブ展示 随 時 来館者 館内の掲示板を使って大山街道や川崎の昔と現代の写真などを展示する。
古文書管理 通 年 上田氏寄贈史料を中心に文書の解読などをし、リスト化、デジタル化をする。
資料収集 通 年 郷土高津に関する資料(史料)の収集し、ミニ企画展等で活用する。
リファレンス 通 年 利用者 利用者が学習・研究・調査を目的として必要な情報・資料などを求めた際に館員が情報や資料を検索・提供・回答する。来館者への展示案内・説明を行う。

【参考資料】企画展年度別一覧

ウ) 歴史文化探究事業
事業名 実施月日 対 象 内 容
歴史探究講座 年3回 市民他 イベントホールを使い、年3回開催する
・第1回講座
宿場シリーズⅠ
9月10日(土) 定員60名 「東海道川崎宿」
講師:三輪 修三氏(歴史研究家)
参加費500円
・第2回講座
宿場シリーズⅡ
10月15日(土) 定員60名 「中原街道小杉宿」
講師:池上 真由美氏(歴史研究家)
参加費500円
・第3回講座
宿場シリーズⅢ
2月18日(土) 定員60名 「大山街道二子・溝口宿」
講師:鈴木 穆氏(郷土研究家)
参加費500円
街道学習講座
<大山街道の魅力再発見>
市民他 街道を歩き歴史や魅力を体感する。 ~なるほど!歩いて楽しい大山街道~
参加費:3回で1,000円
・第1回街道歩き 10月27日(木) 定員25名 海老名~厚木の渡し
講師:中平龍二郎氏(大山道研究家)
・第2回街道歩き 11月10日(木)  定員25名 厚木の渡し~厚木宿
講師:中平龍二郎氏(大山道研究家)
・第3回街道歩き 11月24日(木) 定員25名 厚木宿~愛甲石田
講師:中平龍二郎氏(大山道研究家)
ふるさと発見講座 市民他 イベントホールを使い、年2回開催
・第1回
川崎の発展に尽くした人物伝Ⅰ
5月14日(土) 定員60名 ~内藤陵雲を中心とした川崎の石工たち~
講師:林 浩一氏(郷土研究家)
参加費500円
・第2回
川崎の発展に尽くした人物伝Ⅱ
12月7日(水) 定員60名 ~内容未定~
講師:小川 信夫氏(演劇作家)
参加費500円
ふるさとまち歩き 市民他 まち歩きをしながら地域の歴史を学ぶ
・第1回まち歩き 4月23日(土) 定員30名 溝ノ口から上作延・下作延へ
(神明神社、上之橋、延命寺、円福寺、津田山トンネル、善養寺)
講師:佐藤忠氏(高津シルバーガイドの会代表)
参加費500円
・第2回まち歩き 1月11日(水) 定員30名 二子新地から諏訪、北見方へ
(一本松、諏訪神社、明王院、諏訪天神塚、白髭神社、正福寺)
講師:佐藤忠氏(高津シルバーガイドの会代表)
参加費500円
中学生のための郷土理解講座 8月8日(月) 中学1年生
定員60名
「探ろう!大山街道の魅力」
講師:未定
大山街道が人々に与えた機能や生活の向上に役立った史跡などについて学習し、郷土への愛着心を育む中学生向け講座。
街道学習受け入れ事業 随時
強調期間
7~8月
主に
小・中・高生
来館者に大山街道やふるさと館の説明をしたり、資料提供したり、質問に答えたり、参考図書を紹介したりして、大山街道や高津地域に関する学習の支援を行う。学校が夏季休業となる強調期間には、課題学習への積極的な支援を行う。
ふるさと館子ども出前授業 6月中旬
~2月
小学校 5校
700名程度
ふるさと館の近隣小学校を中心に郷土学習の支援を行う。
ふるさと館の近隣小学校を訪問し、郷土学習の支援を行う。主に3年生を対象として、大山街道や地域の歴史などについての授業を行う。
子ども大山街道探検クラブ 原則月1回 近隣の小学3年生以上
定員30名
大山街道沿いの史跡の見学や、奉仕的活動及び昔遊びなどの体験的な活動を通して、子どもたちの郷土への愛着心を育むクラブ活動を行う。
教材費等1,000円
 4月<発足の結団式>、5・6・10月<街道歩き>、6~8月<地域の歴史夏休み自由研究>、9月<地域の清掃・美化活動>、11月<めんどりの会によるお話し会>、12・1月<「あゆプロジェクト(あゆの絵付け)」や昔遊び>、2・3月<活動報告> 等。

【参考資料】講座講演年度別一覧

エ) 地域活性化事業
事業名 実施月日 対 象 内 容
大山街道地域コーディネーター事業 年 間 地域代表者
3名程度
ふるさと館諸事業と地域との連携を深め、地域活性化事業を円滑かつ効率的に進めるため地域コーディネーターを配置する。
大山街道サポーターズクラブ事業 通 年 地域の町内会、団体等 昨年度設置されたサポーターズクラブの活動を充実させ各主体事業の展開に協力することで地域との連携による地域活性化をめざし、サポーターズクラブによる企画事業を実施する。
みちまちラウンジ事業 開館日 館利用者
市民団体
談話室を利用し、館利用者や街道歩きの方の休憩所を運営する。談話室に溝口・二子にゆかりの図書を配架、今年度から、印刷機を設置し市民活動の広報・資料等の支援を可能にする。
かえるプロジェクト
協力事業
月1回 市 民 川崎市が協力している廃油回収ポイントに協力する。
 オ) 地域開放事業
事業名 実施月日 対 象 内 容
ふるさと館まつり 2月18日(土)

2月25日(土)~3月3日(金)
市民他 第3回企画展「地域が創出するカルチャー展」、第3回歴史探究講座「大山街道二子溝口宿」、高津アーカイブ展示を行うことで館まつりとする。館まつりとして大山街道フェスタへ参加する。
大山街道フェスタ協力事業 2月26日(日) 大山街道フェスタへふるさと館まつりとして参加することで協力する。
高津区民祭参加協力事業 7月 高津区民祭の本部会場として館を提供する。
第2回企画展「ある郷土史家の見たふるさと高津展」、第2回企画展記念講演会の開催で区民祭に参加する。
談話室の整備 4月 市民団体 印刷機を設置し市民活動の広報・資料等の作成を支援する。
来館者向けに大山街道や郷土にゆかりのある人に関連する図書を配架する。
中庭の利便性の向上、利用拡大 通年 市民他 中庭に備えたベンチなど、来館者や通行人にも使ってもらえるよう整備する。
春のふるさと館まつり 6月 市民他 大山街道の歴史DVD上映、ダンスイベント、絵本読み聞かせ等を館内で実施する。
 カ) その他
事業名 実施月日 対 象 内 容
大山街道ふるさと館運営懇談会 6月、1月 大山街道ふるさと館運営委員 大山街道ふるさと館の運営についての情報交換、意見交換の場として開催する。
ふるさと館運営について、地域関係者等から理解・支援をいただくとともに、館運営の改善の機会とする。
満足度アンケート
①通 年
②年4回
③年1回
④開催時

①来館者
②利用団体
③職員
④事業参加者
利用者の声を館運営に反映させる。
①来館利用者の意見・要望
②貸館利用者の声を聞く
③職員の共通認識
④参加者の声を聞く
グラスウォールの説明文設置 通 年 市民他 館の前を通行する人たちに館の存在をアピールできるよう、年度当初にグラスウォールの写真に説明書きを表記する。
コピーサービス 年 間 館利用者 事務室で有料コピーサービスを行う。
自主製作映像の活用 通 年 地域団体・教育施設 館制作の映像(DVD)を広く地域団体や教育施設に貸出(無料)し、大山街道や高津区の歴史等についての理解が深まったり、広がったりすることをめざす。また、新たな映像資料(DVD)の制作を行う。
ホームページのリニューアル 通 年 インターネット利用者 年度当初に大山街道ふるさと館ホームページをリニューアルする。管理者が適時更新できるようにし、情報発信の充実を行う。
広報活動による地域との連携 通 年 地域コミュニティー紙 地域に配布されるタウン紙(タウンニュース、K-Press)や沿線誌(サルース)などに広報記事を依頼する。 テレビ・ラジオ・新聞等のマスコミへの積極的なアプローチを行う。 区にも協力をいただき、区内文化団体、公共施設、町内会自治会などに事業チラシやふるさと館だより(奇数月発行)の配布拡大を行う。
目的に合わせた配布物の作成 通 年 市民他 パンフレットなどは目的に合わせたものを作成し、来館者や市民等に配布する。
・多言語:ふるさと館パンフレット(日本語版/英語版)
・まち歩き:大山街道ウォッチングガイド
・館案内:ようこそ大山街道ふるさと館へ
 常設展・企画展案内
・通行人:グラスウォールの写真説明
・貸館用:施設・設備利用リーフレット
市外地域との連携・交流 通 年 世田谷区、
伊勢原市
大山街道に関連する世田谷区、伊勢原市との連携・交流活動を進める。相互の講座・イベント開催の情報提供やPRなどを行う。
他博物館施設との連携 通 年 他博物館 市民ミュージアム、公文書館、地名資料室、東海道かわさき宿交流館などの博物館と共催事業や情報交換などを通して、連携を深めていく。 「かわさきのミュージアム」の作成や講座の情報提供など
防災・消防訓練(非常時対策) 通 年 職員・来館者 大地震、火災、水害などの災害や事故、設備などのトラブルなどに備え、避難訓練、消火訓練などを行う。
○避難訓練‣消火訓練:5月、11月
○「帰宅困難者受け入れ施設」として、運営マニュアルの共通理解を図るとともに、備蓄品の管理等を行い、対応を図る。
キ 自主事業
事業名 実施月日 対 象 内 容
ガイドブック「訪ねて楽しい大山街道」の改訂・増刷・販売および物品等の販売 通 年 館利用者
市民他
平成24年にふるさと館が創刊したガイドブック「訪ねて楽しい大山街道」を改訂、増刷し(第3版)、販売する。また、大山街道にかかわる書籍や物品を受託販売する。
○風人社の書籍  ○世田谷大山みちの会の手拭  ○伊勢原市・大山の物品
「街のマイスター」体験講座 6月*日
お茶
2月*日
日本酒
市民他 地域の商店主の専門性を生かし、講師になっていただく中で、参加者には体験的な学びを楽しんでいただく講座。「お茶のおいしい飲み方」「日本酒の話あれこれ」など。
ぶらり散歩
~二子散策と老舗料亭でのお茶を楽しみませんか~
11月1日(火) 市民他 二子地域の史跡を巡りながら歴史散歩をするととともに、途中でお茶などを楽しみながら豊かな時間を過ごす企画。
ファーマーズマーケットがやってきた 6月上旬
9時半~
12時

市民他

「春のふるさと館まつり」の中心イベントとして、「エコシティたかつ」推進事業の一つである「たちばな農のあるまちづくり」を具体化した「高津さんの市」の「出張・高津さんの市」を開催する。
地域学習協力事業 随 時 小学生・中学生・市民 小学校・中学校等のニーズに応え、地域学習や文化学習等で出前授業等の講師を紹介・派遣する。

サイト内検索

〒213-0001
川崎市高津区溝口3-13-3
電話:044-813-4705
FAX:044-814-0250
Eメール:こちらから

開館時間
午前9時30分から午後9時30分
常設展示:午前10時から午後5時
休館日
年末年始
交通機関ご案内
JR南武線
武蔵溝ノ口駅:徒歩7分
東急田園都市線/大井町線
溝の口駅:徒歩7分
東急田園都市線
高津駅下車:徒歩5分